常に資金繰りに不安を感じない経営をしたい
キャッシュを潤沢に安心して経営をしたい

 

そんな社長様へ

当事務所が貴社の財務部長として
先行した資金繰りの管理から調達までを

一貫してサポート

岡山資金調達サポートオフィスの

資金繰り円滑化サービス

事業を継続できない時

 

それは

赤字の時でも、債務超過の時でもありません
 

手元資金が尽きた時です


手元資金の過少さに気付いてから資金調達に動いても

取り合ってくれる金融機関はそう多くありません


そこから、資金繰りに奔走する地獄が始まってしまうのです。。。

なぜ、多くの社長が
手元資金の少なさに気づけないのか
 
それは、損益計算書でしか
業績の数値管理をしていないからです

損益計算書上では、手元資金の実態を示す数字は出てきません。


損益計算書上で利益が出ていても、まだ入金されていない売上や、まだ支払いができていない経費などが含まれ、手元の資金との差異が生まれます。


実態が管理できていない曖昧な状態の中では、人間は自分の都合の良いように考えます。


「常にお金がある」と考えてしまうのです。


結果として、手元資金に見合っていない出費につながっていきます。

それを防ぐためには、手元資金の実態を表した管理指標が必要です。


それが、「資金繰り予定表」を用いての管理です。

現在の手元資金の状況はもちろん、未来の資金繰り状況を含めた資金の「予定」を管理しましょう。

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_m-min.j

早めに動けば、金融機関はいくらでも融資に応じてくれる

資金繰りに窮してから、資金調達に動いても金融機関は取り合ってくれません。


一方、まだ資金に余裕のある時に、今後の見通しも含めた説明の上、調達を打診すれば前向きに取り合ってくれます。


調達のタイミングが違うだけでも、融資が受けられるかどうかは変わるのです。

7ecb444cf23abc8e01162dfa988a6d8b_m-min.j
資金繰りの先行管理と
先行した資金調達で
キャッシュリッチな経営をサポート

1.資金繰り予定表の作成と、中長期的な資金調達計画の策定

2.定期的なモニタリングによる資金繰り管理

3.計画に沿った、先行した資金調達の提案・サポート

4.銀行へのアポ取り、説明、全てを代行

5.融資調達時の数値計画書を含む全ての必要書類の作成代行

費用:月額3.5万円~

サポート実績多数!
岡山資金調達サポートオフィスの実績を
ご覧ください!
ーご注意ください!ー

このサービスは毎月限定3組までしかお受けできません。

このサービスは毎月限定3組までしかお受けできません。

当サービスの今年の受注については、新規5件に達した段階で、受付をお断りさせて頂きます。
 

サービスの品質を維持・向上していくために、受注を制限させて頂いております。
 

残り、2社となっております。
 

ご興味のある方は、お早めにご連絡ください。

資金繰り円滑化サービスに興味がある方へ
無料相談実施中!
ご相談だけならもちろん無料です!
サポートにご契約頂かなくても構いません。

 
社長にとってお金の悩みは深刻です。
当事務所の無料相談を受けて頂くことで、

 
お金の悩みから少しでも解放されれば幸いです。

無料相談

申込みフォーム

​相談だけなら、もちろん無料!

▼​お電話での申込▼

086-244-4402

▼メールでの申込▼

申込後、担当者からご連絡いたします